ハーレーダビッドソン ショベルヘッド パンヘッド オイルポンプ スターター 各部メカニズムの進化

FrontPage

ハーレーダビッドソン ショベル ヘッド  

メカニズム部分の合理化は、ようやく1966年型のエレクトラ・グライド (Electra Glide)によって実現されます。

ハーレーダビッドソンスポーツ・スターのヘッドを移植

  • 外観はデラックスに、メカニズムはシンプルに、そしてかつ速いキングが、66年、ハーレーダビッドソンElectra Glideとしてデビューした。 
  • AMF=American Machine & Foundry Company は1969年に、その名称をハーレーダビッドソンの前に示すわけですが、実質的には1966年度から69年へむけて、ハーレーの経営強化を開始したともいわれている。 

Harley in Hokkaido

良き時代の1969年型1200ccFLH、まだドラム・ブレーキの工レクトラ・グライドです。北海道をツーリングしたときのスナップ。
Ture Out Mufflers が 1968年FLHの特徴。このマフラーは いまやチョツバーで大はやりしている。(最北端の宗谷岬)北海道の道路は本土と違いまっすぐ一直線!Harleyは足を乗せるフートボードが板状であるため、振動でだんだんと足が後ろに下がっていく。しっかり踏みつけていないと流されます。
&color(green){harley-sohya
北海道宗谷岬で霧が出て視界は悪く、気温も低くかったが道路コンディションは良く、まあまあであった。};

ハーレーダビッドソン ショベルヘッド型の主な変革  

  • 伝統のパンヘッドは、スポーツ スター系ヘッドに改められた。        
  • スポーツ スターは?ツインであるが、シンプルなメカニズムを持つ、キングより安い若者むけ大衆モデルであった。
  • 19966年にエレクトラ グライドからは、こうして新しいショベルヘッド (Shovel Head) が採用になった。
  • パンヘッドのお皿々に対してショベルヘッドとは四角いシャベル」のようなという意味である。
  • エンジンそのものはこの変更により、これによりパワーは5馬力程,出力UPになる。
  • パンヘッドに比べてあまりにもシンプルなパーツ構成であり、戦前のナックルヘッド等とデザインを比較してみても、ローコストになった印象がある。

ハーレーダビッドソン エレクトラ グライドの呼名変更  

  • 1966年エレクトラ グライドから、正式にキング・オフ・ザ・ハイウェイとしてハーレーダビッドソンは呼んでいくようになる。 harley-elect
  • FLで58〜60馬力、FLHでは63〜65馬力と、データー上では生産歴史上、量産ハーレーの最強モデルとなっていく。そして外観上もキングにふさわしく、従来はオプションであった左右のエキゾースト・システムも、66年型から標準装備となり左右のアンバランス感はなくなってきた。
  • ショベルヘッドのキング、FL、FLHモデルはこのようにデザイン、性能も進化して、デビューを飾り、年ごとにデラックス化の傾向になる。
  • バッテリ−のメッキカバーが66年に採用され、67年にはエアークリーナーが、今日と同様、大型の楕円型にデザイン変更される。
  • 1968年型になるとハーレーダビッドソン1200FLHのエンジンはパワーアップされて66馬力、オイルポンプが全面的に変更、リヤチェンヘエンジン・オイルが送られるように改められた。これでオイル系統のトラブルは改善された。
  • キックペダルが取り去られ、スーターターが標準装備され、エレクトラの名にふさわしくなってゆく。

60年代に生まれた改革されたハーレーダビッドソンが、構成に名を残す、ショベル ヘッドのFLHとなって、ますます進化していくことになる。

画像の説明

Harley_Davidson in Kokkaido

ハーレーダビッドソンの部品入手  

ハーレーダビッドソンのパーツはある程度まとめるとアメリカのショップから通販 購入したほうが安上がりです。カードで簡単に購入できます。

ハーレーダビッドソンの三輪車は大活躍!

ハーレーダビッドソンのサービーカー(Servicar)といわれる3輪車は今でも、活躍しています。

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional